申込数をアップさせるセミナー名&紹介文の書き方!~セミナータイトルに使える単語集~

スポンサードリンク

ここがポイント!

ちょっとの注意で見込み客を逃してしまうことがあります!
セミナーに参加してくれる人の立場になって、セミナー名を考えてみましょう

おなじセミナーの内容でも人によって検索する言葉が異なります。
またさまざまな単語をつかって、参加者にわかりやすい文言になるように気をつけてみましょう。
開催する講座のイメージにあった紹介文やセミナー名にすることがポイントです。

ただの「Excel講座」では、お客さんはどんな内容か判断できません。

「1時間で楽しく学べる! 明日から活用できる実践的Excel講座」といったように、
ひとめでわかるセミナータイトルを心がけましょう!

セミナータイトルに使える単語集

例えば、「セミナー」だけでもほかの同じ意味の単語として
「講座」「講義」「教室」があります。

そのほか
「体験」「レッスン」「学ぶ」「楽しむ」

レベルを提示する
「初心者」「初級」「中級」「上級」「入門編」「基礎」「応用」「実践」

期間を表す
「1日速習」「毎週じっくり」「たった2時間で」「7日間で」「30分集中」

時間帯を表す
「朝活」「仕事帰りに」

用途の違いも
「勉強会」「ワークショップ」「ハンズオフ」「活用術」

スポンサードリンク